新大阪・西中島駅近くの歯医者『新大阪ひかり歯科クリニック』

MENU
診療時間10:00~13:00/15:00~20:00
※受付は午前12:45、午後19:45まで
休診日日曜日・祝日
0663040418
24時間ネット予約
一般歯科
general

一般歯科(保険診療)とは?

一般歯科(保険診療)
一般歯科とは歯科治療で一般的な治療である、虫歯治療や歯周病治療、入れ歯、親知らずの抜歯などの歯科治療を言います。また、被せ物や詰め物の歯科治療も使用する素材によっては保険適用内となりこの治療に含まれます。歯のクリーニング、歯石の除去、歯磨きの指導も一般歯科に含まれます。

当院はインプラントや審美歯科などの自費治療だけでなく、このような一般的な歯科治療も承っておりますので、通勤・通学の帰りなどに定期的に口腔内の健康をチェックする掛かりつけの歯医者としてご活用頂ければと思います。

虫歯治療

歯が痛い・しみる…そんな症状のときは歯医者へ
歯医者といえば『虫歯』とイメージされる方も多いと思います。虫歯は初期には自覚症状がほとんどなく、進行につれて『歯が痛い』『歯がしみる』といった症状がよう出てくる事から発見が遅くなる口腔内の病気です。悪化すれば治療は難しくなり、抜歯ということにもなる大変おそろしい病気です。
自分の歯を健康な状態で維持するため、早期発見と定期的な予防が大切です。
虫歯の進行

虫歯治療はその進行具合によって、C1~C4まで段階的に別れています。それぞれの段階で治療方法も変わってきますので簡単にご説明します。

虫歯の進行C1
エナメル質が溶けて浅い穴(う窩)が出来た状態です。自覚症状はほとんどありませんが、虫歯の初期状態と言えます。普段のケアでは改善されませんので、虫歯の部分を削り、被せ物や詰め物をして治療をします。この段階では治療も1回で終わることが多いです。
虫歯の進行C2
虫歯がエナメル質の下まで侵攻したもので、自覚症状が発生します。具体的には冷たいものがしみたり、歯の痛みが発生したりします。象牙質は、痛みを感じる所なので、治療においては麻酔を用いることもあります。虫歯の部分を削った後、被せ物や詰め物をして治療をします。
虫歯の進行C3
虫歯が進行し、歯髄にまで達したものを言います。歯の痛みが激しく、歯医者に来院されるパターンで一番多い症状もこのころです。この時点では、まずはお薬などで痛みを和らげてからでないと治療は行なえません。虫歯を削っても歯の欠損が大きくなるので、被せ物での治療となります。
虫歯の進行C4
虫歯により歯の頭が無くなり、歯の根っこ奥深くまで虫歯に犯されてしまった状態です。こうなると、歯を残すことは難しく抜歯での治療となるケースが出てきます。治療期間が長くなり、2~3ヶ月虫歯治療を行い、治癒を待ってからインプラントや入れ歯といった治療に取り掛かります。

虫歯は早期発見、早期治療が大切です。
少しでも気になる症状があれば、歯医者にご相談ください。

歯周病治療

歯を失う原因で一番多いのが歯周病(歯槽膿漏)です。
歯周組織が歯垢に含まれている歯周病菌に感染し、歯肉が腫れ、出血し、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因となっている歯の周りの病気の総称を歯周病と言います。歯周病は自身のケアでは完治することができない口腔内の病気です。
歯周病の原因
歯周病
歯肉炎・歯周炎を含む歯周病の直接的な原因は、口腔内に溜まった歯垢(プラーク)です。
歯垢(プラーク)は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)に潜んでいます。この歯垢(プラーク)中の細菌が出す毒素によって、歯ぐきに炎症が起きてしまいます。
歯垢(プラーク)が溜まると歯磨きやうがいだけでは取り除くことはできません。歯周病を悪化させないためには、日々のケアと歯医者での定期検診が必要です。
歯周病の基本治療
スケーリング
歯周病の原因になっている歯垢(プラーク)の除去を行ないます。歯垢(プラーク)はブラッシングで取り除くことができませんので、スケーラーと呼ばれる専用機器を用いて歯根面から歯石を除去します。
治療の回数は歯周病の進行程度により異なります。2、3回の治療で済む場合から、多くの回数にわたる場合もあります。これらの治療により、歯周組織が改善され、歯周ポケットの深さが維持されれば、定期検診に移行します。また、その状況に合った効果的なブラッシング指導も行います。
歯周病の進行
健康な状態
健康な状態
歯と歯ぐきの間には1~2mm程度のすき間があります。歯ぐきに張りがあり健康的な状態です。
歯周病(軽度)
歯周病(軽度)
歯ぐきの炎症がひどくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入。歯槽骨や歯根膜も破壊されはじめます。
歯周病(中度)
歯周病(中度)
炎症がさらに拡大し、歯槽骨も半分近くまで破壊が進み、歯がぐらつきはじめます。
歯周病(軽度)
歯周病(重度)
歯槽骨が半分以上破壊され、歯はぐらぐらになり、複数回の治療が必要になります。
歯周外科という選択肢
歯周外科
歯周病は完治することが難しく、一度歯医者に通院し改善してもすぐに再発する可能性があります。それは、歯周ポケットの奥深くまで細菌が侵入し、目に見えない部分で細菌による繁殖が進んでいるからです。
これを根本的に治療する方法として『歯周外科』があります。
歯周外科は外科処置となり、歯肉を切開し、歯の根元から歯周病の原因を除去する治療です。
歯周外科に関する詳細情報はこちら

入れ歯

入れ歯(義歯)は歯を失ってしまった方が、噛む機能・話す機能などを回復するための人口歯です。
装着時の違和感や痛みができる限り現れないよう、自然な噛み合わせや体質などにも十分配慮し、個々にお作りしています。また使用する素材によって義歯の特性は大きく変化するため、治療初回にさまざまな選択肢をご提示します。

入れ歯の種類
総入れ歯
ご自身の歯を全て失ってしまった場合には、総入れ歯を使用することになります。総入れ歯の「義歯床」と呼ばれる部分の素材には歯科用樹脂・金属・シリコンをはじめとする多くの種類があり、それぞれ強度、フィット感、手入れのしやすさなどが異なります。
部分入れ歯
設計次第で歯の欠損が1本から多数の場合まで対応できる義歯です。残っている歯に金属その他の素材でできたバネ(クラスプ)を引っ掛けて固定する仕組みのため、取り外しが簡単。一方隙間に食べかすや汚れなどがたまりやすく、清潔にお使いいただくためには日常的なお手入れが必要です。
ブリッジ
失った歯の両隣の歯を削って支台歯(土台)とし、ブリッジ(橋)のように人口歯を架け渡す治療法。本来の歯の機能を再現し、見た目も天然歯に近づけることが可能です。ただし支台歯に大きな負担がかかるため、それを避ける場合にはインプラントや部分入れ歯を選択します。
オーバーデンチャー

小児歯科

スケーリング
小児歯科の目標は、むし歯のない、歯並びのきれいな永久歯を完成させることです。お子様の口腔内は虫歯の発生率が高く、日頃のケアに加え歯医者での定期検診をおすすめします。
虫歯を予防するフッ素の塗布や、ブラッシング指導など、お子様の健康的な口腔内をサポートするのが当院の小児歯科です。お子様の成長・発育を考慮した治療・予防計画を立てさせていただきます。
インプラント・審美歯科など無料相談
歯科医師による歯科治療ブログ
クリニック情報
新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック
大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21 ホーククレセント第2ビル 1F
TEL/06-6304-0418
休診日/日曜・祝日
診療時間
※予約制・新患、急患は随時受付
※各種保険取り扱い
インプラント
マウスピース矯正
歯周病
ホワイトニング
オーバーデンチャー
舌の痛み特設サイト

メニュー

診療コンセプト
診療内容
料金一覧
ドクター紹介
クリニック案内
お問い合わせ
虫歯ゼロクラブ
ドクター紹介
デンタルローン
医療法人光惠会リクルート情報
インプラント無料相談予約受付中
▼当院では自費診療のみクレジットカードやデンタルローンでのお支払いが可能です
クレジットカード・デンタルローン

休診日のご案内