新大阪・西中島駅近くで歯医者をお探しなら『新大阪ひかり歯科クリニック』

MENU
診療時間10:00~13:00/15:00~20:00
※土・日曜は10:00~14:00/15:00~19:00
休診日祝日
0663040418
24時間ネット予約
ドクターブログ
blog

ホームホワイトニング剤がしみたときの対処法とリタッチの期間について

ホワイトニングは歯を白くすることができ、使用している薬剤も安全なものです。

しかし副作用として“歯がしみる’、知覚過敏が生じることがあります。

 

今回は、知覚過敏の症状が出たときの対処法や、ホワイトニング中の注意点、またリタッチの目安期間について解説していきます。

 

ホームホワイトニングがしみたときの対処方法とリタッチについて

 

知覚過敏が生じる原因と対処法

どうしてホワイトニングをすると歯がしみるのでしょうか?

ホワイトニングは「過酸化尿素」や「過酸化水素」が配合されており、歯の色素を分解しながら白くするのですが、その際に歯が一時的に脱灰します。

歯のミネラル成分が溶け出すのです。

そのため知覚過敏の症状が出やすいです。また薬剤が神経を刺激するため、施術中や施術後にしみることがあります。

しみるのは一時的なもののため過度に心配する必要はありませんが、知覚過敏の症状が強いときは、以下のことを試しましょう。

 

【1】しみるのが治まるまで1日、2日中断する

しみている期間は無理をせず、お休みしましょう。治まってからまた再開してください。

 

【2】冷たいものを避ける

冷たい飲み物を飲めば、症状を強く感じます。常温のものが一番しみにくいです。

 

【3】フッ素入りの歯磨き粉を使用する

フッ素は歯から溶け出したミネラルをまたもとに戻る(再石灰化)ように助けてくれます。

 

【4】痛みがひどい場合は痛み止めを服用する

ホームホワイトニングは薬剤濃度が薄いためここまでしみるケースはほとんどありませんが、どうしても痛みが強い場合は痛み止めを飲んで様子を見ましょう。

 

ホワイトニング中に注意してほしいこと

以下の点を注意してください。

 

【1】知覚過敏などがないなら忘れずに毎日行う

毎日定期的にしたほうが、短期間で白くなりやすいです。

 

【2】ホワイトニング期間は色のついた食べ物・飲み物を控える

ホワイトニングをしている期間は、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどは控えてください。できるだけタバコも控えましょう。

 

リタッチはどれくらいの期間?

ホワイトニングの効果は永遠ではありません。

徐々にまた歯は黄ばんできます。

個人差はありますが、半年~1年経過したら再度ホワイトニングするのが望ましいでしょう。

ホームホワイトニングの場合はすでにマウスピースがあるため、歯科医院でジェルを購入するだけでまた始めることができます。

かかりつけの歯科医院と相談して、再開する時期を決めていきましょう。

 

新大阪ひかり歯科クリニックではしみにくい国内産のホームホワイトニングを採用しています。

 

当院のホームホワイトニングについて詳しくはこちら

 
大人と子供の矯正歯科
ホワイトニング
クリニック情報
新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック
大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21 ホーククレセント第2ビル 1F
TEL/06-6304-0418
休診日/祝日
診療時間
※▲土曜日・日曜日は10:00~14:00/15:00~19:00
※予約制・新患、急患は随時受付
※各種保険取り扱い
インプラント
口腔外科
歯科検診
舌の痛み特設サイト

メニュー

診療コンセプト
診療内容
料金一覧
ドクター紹介
クリニック案内
お問い合わせ
虫歯ゼロクラブ
歯周病
デンタルローン
医療法人光惠会リクルート情報
インプラント無料相談予約受付中
▼当院では自費診療のみクレジットカードやデンタルローンでのお支払いが可能です
クレジットカード・デンタルローン

休診日のご案内