新大阪・西中島駅近くで歯医者をお探しなら『新大阪ひかり歯科クリニック』

MENU
診療時間10:00~13:00/15:00~20:00
※土・日曜は10:00~14:00/15:00~19:00
休診日祝日
0663040418
24時間ネット予約
ドクターブログ
blog

歯周病にかかりやすい年代とは?

小さな子供でも歯に汚れが着いたままだと歯肉炎の症状が出ます。

ただ、お口の中の汚れが着いたままで環境が悪く、歯周ポケットが4ミリより深くなり始めるのは、20代頃からのことが多いでしょう。

 

小さな子供の場合には歯周病ではなく、虫歯や歯肉炎になることが多く10代で歯周病になることは少ないです。

 

歯周病にかかりやすい年代とは

 

歯周病が多い年代

歯周病は生活習慣病とも言われ、多くの人がかかっている病気です。

歯周病は歯周組織に炎症が起こって、歯を支えている骨にまでダメージを与えてしまう怖い病気ですが、この組織に炎症が出てくるのが30代から増え始め、年齢が上がるごとに増加します。

 

そのため、40代の方では8割程度が歯周病にかかっており、40代から50代にかけて歯周病にかかりやすい年代になります。

 

その後60代では歯周病の割合が減少する傾向にありますが、40代ごろからの歯周病が悪化して歯を失ってしまい、歯がないために歯周病の割合が減少していると考えられています。

 

このことから、30代ころから歯周病の対策をしておかないと60代になると歯を失ってしまう原因になるので、歯周病予防を生活の中に取り入れていきましょう。

 

歯周病になりやすい生活習慣

歯周病は生活習慣や免疫力が関係して悪化することがあります。

また年齢があがると免疫機能が低下する場合や忙しさで生活習慣が乱れてしまうことがあります。

 

・ストレス
忙しくストレスがたまると、睡眠不足や食生活の乱れから免疫力が低下することがあります。

また、忙しい生活で歯磨きがおろそかになってしまい、歯周病のリスクを増やしてしまうこともあります。

 

・喫煙
喫煙は歯周病を悪化させる要因です。

その原因はたばこに含まれるニコチンで血管を収縮するので、歯ぐきの血のめぐりが悪くなります。
また、たばこの一酸化炭素は酸素を欠乏させて免疫力を低下させ歯周病菌を繁殖させやすく歯周病を悪化させます。

 

・食生活
甘いものをだらだら食べていると、糖分をえさにする歯周病菌が繁殖しやすくなり、歯周病のリスクが増えます。

また、バランスの悪い食事をしていると免疫力の低下にもつながります。
食事は歯周病のリスクだけでなく、健康にも影響を与えるのでバランスの良い食事を心がけましょう。

 

歯周病になりやすい年代になる前から生活習慣を見なおして、歯周病のリスクを減らすようにしましょう。

 
ホワイトニング
スマイルデンチャー
クリニック情報
新大阪ひかり歯科クリニック
新大阪ひかり歯科クリニック
大阪府大阪市淀川区西中島7-4-21 ホーククレセント第2ビル 1F
TEL/06-6304-0418
休診日/祝日
診療時間
※▲土曜日・日曜日は10:00~14:00/15:00~19:00
※予約制・新患、急患は随時受付
※各種保険取り扱い
インプラント
口腔外科
歯科検診
舌の痛み特設サイト

メニュー

診療コンセプト
診療内容
料金一覧
ドクター紹介
クリニック案内
お問い合わせ
虫歯ゼロクラブ
歯周病
デンタルローン
医療法人光惠会リクルート情報
インプラント無料相談予約受付中
▼当院では自費診療のみクレジットカードやデンタルローンでのお支払いが可能です
クレジットカード・デンタルローン

休診日のご案内